自分を映した写真や写メには気を付ける

逆援サイトを利用するために必要な注意点はいくつかありますが、そのなかでも自分を映した写真、写メなどの画像について知っておいてほしい点があります。相手のことを簡潔に知ることができる逆援サイトの写真はあってほしい機能ですが、実は面倒な情報にもなります。

■その写真は本物か?

逆援サイトで見る写真はどれも綺麗でかわいく見える、またはかっこよく見えるという考え方はあながち間違いではありません。写真掲載する人といういのは、それだけルックスに自信があるのでしょう。はたまたそのような写真を自分と偽って掲載している可能性もあります。プロフィールに掲載されている写真を、まず疑うことから始めてください。特に男性は綺麗でかわいい女性に弱く、簡単にメッセージを送ってしまいます。その相手がサクラ会員であった場合、根こそぎポイントを搾取されるはめになるでしょう。

■使い回された写真であることも

いろんな逆援サイトを使っている人によると、どこかで見たことがある写真というのが多いという報告もあります。その写真はどこかで拾ってきたものや、まだ売れていないモデルさん、またはSNSで拝借した写真の可能性があります。要するに本人ではなく、関心を持ってもらうための「エサ」になるでしょう。サクラ会員が使う常套手段です。

■写真で判断しない気持ち

写真は相手の顔を知ることができますので、大変便利な情報です。できればあってほしい情報になりますが、その顔で相手を知ることは難しいです。サクラ会員のえさの可能性もありますし、写真で人を判断しない余裕ある利用をすることをおすすめします。やはり一番良いのは、逆援サイトで出会って、互いの連絡先を交換、それから気が合えば写真交換やリアルに会う方法がおすすめです。

写真だけで判断してしまうと、後悔することになります。かわいいやかっこいいと外見だけで人を判断する逆援サイトの利用方法は、大変リスクがありますので気を付けましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ